3318 スト紹に掲載号の号数を記載します

新しく発言する | 戻る
■ スト紹に掲載号の号数を記載します [返事を書く]
黒鋼(ツバサ) [3318] 黒ジィ フレンドメール訂正Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:29.0) Gecko/20100101 Firefox/29.0 2014/05/25(Sun) 01:14
〈DataNotes〉の〈XXXHOLiC・ストーリー紹介〉について,「回数」のほかに掲載号数・発売日なども記載することにしました。ただし,〈MAiN Board〉のほうは,従来のままです。

「Data」というのにあらすじだけではなぁという気は,以前からしてはいたのですね。ただ,ずんけるさんをはじめとするかたがたの執筆なさったもの,そして何より完結している《ツバサ−RESERVoir CHRoNiCLE−》の〈ストーリー紹介〉との,不統一を考えてしまいました。
しかし,現在スト紹を実質ぼく1人で書いていることもあり,最近そこそこの長さの休載が―またもやですが―続いたこともきっかけになって,いままでなかった項目ですが追加することにしました。参考にしていただければ幸いです。
また,既掲載のスト紹についても,一気にはムリですが,まずは《xxxHOLiC・戻》のほうに追記をしていくつもりです。

ここから先は,多くの《xxxHOLiC》読者はとくに意識することではないでしょうが,いちおう……。
学術的な論述で,参考・引用文献として雑誌を利用する場合,号数の特定には,「巻数(年ごと)」とその巻での「号数」を,通常組み合わせて用います。ただし,ここでの号数は増刊号なども含めた通号数(?)です。たとえば,月刊誌で12月号であっても増刊号があると号数は「13」だったり「14」だったりします。《ヤングマガジン》の例では,《xxxHOLiC・戻》第33回掲載の「2014年No.25」は,裏表紙(背表紙?)タイトルによれば「ヤングマガジン6月2日号」・「第35巻第29号通巻1774号」です。「25」と「29」で一致しません。《月刊ヤングマガジン》が,増刊号扱いなのです。「6月号」裏表紙タイトルには,「ヤングマガジン6月1日号増刊」・「第35巻第28号通巻1773号」とあります。
さて,《xxxHOLiC・戻》第2巻の奥付けでは,「……第6号、第8号の掲載分を収録しました。」とありますが,この号数は,裏表紙タイトルの書誌としての号数ではなく,大きく「No.」で記載されて本誌の各種告知でも使われているほうの号数です。雑誌コミック類では,こちらの号数を言うことがふつうのようですね。
したがって,〈XXXHOLiC・ストーリー紹介〉で使う号数も,みなさんにわかりやすいこちらのほうを記載することにします。
□ Re: スト紹に掲載号の号数を記載します [返事を書く]
黒鋼(ツバサ) [3318.1] 黒ジィ フレンドメール訂正Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:30.0) Gecko/20100101 Firefox/30.0 2014/06/25(Wen) 03:25
> また,既掲載のスト紹についても,一気にはムリですが,まずは《xxxHOLiC・戻》のほうに追記をしていくつもりです。

《xxxHOLiC・戻》第1回〜第32回について,掲載誌名・号数・発売日の追記が完了しました。これで,《xxxHOLiC・戻》のほうは,これまでのすべての回にこれらのデータが付記されたことになります。
□ Re: スト紹に掲載号の号数を記載します [返事を書く]
黒鋼(ツバサ) [3318.2] 黒ジィ フレンドメール訂正Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:31.0) Gecko/20100101 Firefox/31.0 2014/08/09(Sat) 04:50
《xxxHOLiC》第162回〜《xxxHOLiC》第213回(第186回〜第213回は《xxxHOLiC・籠》)の中で,ずんけるさんが担当された「特別読み切り」(第204回と第205回の間)以外については,掲載誌名・号数・発売日の追記が完了しました。これで,ぼくが担当した《xxxHOLiC》〜《xxxHOLiC・戻》すべてのスト紹へのこれらのデータ付記は完了です。

なお,「特別読み切り」についてのデータは次の通りです。

《xxxHOLiC・籠》特別読み切り
  週刊少年マガジン:2010年25号:2010.05.19.水.発売
【このスレッドに返事を書く】

名前:
リンク: Cookie
Eメール:
件名: メール認証:作動中
メッセージ:


戻る | HOME
MultiX.jp