3346 《xxxHOLiC・戻》第46回:スト紹です

新しく発言する | 戻る
■ 《xxxHOLiC・戻》第46回:スト紹です [返事を書く]
黒鋼(ツバサ) [3346] 黒ジィ フレンドメール訂正Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:41.0) Gecko/20100101 Firefox/41.0 2015/11/15(Sun) 19:55
君尋は,静を縁側に残し,下げた湯飲みをのせた盆を持って,廊下の角を曲がった。

“がしゃん”,そして“カラン カラン”
角の向こうから静の声がかかった。
「なんだ…」
「胸が」
答えた君尋は,ころがったものはそのままに,片手を床について片手で胸を押さえ,座りこんでいた。
その左目に,ぼんやり人影が2つ……。すぐにはっきりしてきたそれは,片やそでなし半天のような上っ張りで傷だらけ,片やマントをまとった旅姿,2人の小狼だった。
「小狼!?」
「…どちらも小狼,だ」「でも 何故‥‥」

「大丈夫か」
角から顔を出して,静が尋ねた。
「おれは」「でも,小狼が…」
言いかけたところへ,
「四月一日!」
大きな声がして,軽快な足音が聞こえた。モコナが,君尋と両ひざをついた静に訴えかけながら,走ってきたのだ。
「今,モコナが! すごくすごく 悲しくて辛い気持ちに なった!」「すごくすごく 心配してる!」「あの時と 同じくらい!」
それは,次空のはざまで,小狼と君尋が,写し身小狼の滅するのを見送ったときのことだった。

君尋は,自問していた。
{何故 どちらの小狼もいるんだ…}{過去を見ているのか}{違う}
“どくん”「!!」
何度めかの拍動のせいか,それまで意識の外だったまわりの景色が,目にはいった。2人の立っている大きな岩。あたりに広がる光のきらめく空間。
{どこだ}{ここは!?}
「四月一日!」
その上半身が前のめりになっていくのを見て,モコナが叫ぶ。その体は,静とモコナの前で廊下に倒れこんだ。

君尋が顔を起こすと,あたりがまっ暗な中,目の前に,その人は立っていた。
「侑子さん…!」
立ち上がると,笑みを浮かべ,こちらを見つめている。その顔を正面から見た視線は……,下にそれた。
「…夢 ですね」「これ」
「一度弊(つい)えた命は 戻らない ひとは 生き返りはしない」「…例え,魂が同じでも 生まれ変わったとしても」「同じ人生(みち)を歩み 同じ記憶(おもい)を持つことは 決してない」「それは,もう 『そのひと』とは『別人』だ」
だまって見ている侑子に,それでもひとはもう一度逢うことを願ってしまうと,思いをぶつける。
「あの小狼は 偽物なんかじゃなかった」「けれど」「それなら,尚更」「どうして もう一人の小狼は あそこにいたのか…」
闇に包まれ,君尋は,うつむいたまま立たずんでいた。
□ Re: 《xxxHOLiC・戻》第46回:スト紹です [返事を書く]
乾闥婆王(聖伝) [3346.1] 少尉 (5回)
昇級まで2回 ずんける リンクフレンドメール訂正Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/46.0.2490.86 Safari/537.36 2015/11/18(Wen) 23:04
「同じ人生(みち)を歩み 同じ記憶(おもい)を持つことは 決してない」
…この言葉、私も強く同感です。
ひとはいろんな出逢いや出来事との遭遇、そして周囲の環境や時代背景があって、感じることも取るべき行動も変わるのだから、二つとして同じ道を歩む人生ってないのだろう、ということを考えます。
…同時に、いろんな場所やいろんな時代背景、人との出逢い、そして「一人称でのものの考え方」を、一人の人間が一度に経験するとどうなるのだろう、なんてことを考えます。…飛王はRESERVoir CHRoNiCLEで写身さくらに、そんな「器」となることを強いましたが、魔力とかのファンタジー要素を抜きにすると、そのことで期待できる効果って何だろう、ということを時々考えます…。
【このスレッドに返事を書く】

名前:
リンク: Cookie
Eメール:
件名: メール認証:作動中
メッセージ:


戻る | HOME
MultiX.jp